「持ちつ持たれつ、が改革を拒む」

こさいたろうの視点・論点 0004

2017/06/25

 

※ 今の社会や政治に対して思うことを書き、発信する活動「こさいたろうの視点・論点」を始めています。

※ 現在、数十人の皆様にご購読料(発行協力費)を頂いております関係から、公式サイトには冒頭部分のみ掲載させて頂きます。誠に恐縮に存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※ ご購読下さる方は、こさい宛てご連絡ください。月額500円(一口)をお願いしております。電子メールにて全文お送り致します。

※ 政治の現場を離れて4年、内容的に皆様にご納得頂けるものが書けるか、いささか不安ではありますが、これまでの自らの政治活動を思い返しながら、頑張ります。また、いずれ、ご購読者の皆様に見える形の双方向のやり取りができるようなオンラインサロンのようなものの立ち上げも考えています。

 

 

「持ちつ持たれつ、が改革を拒む」

 

 

これまで、数度にわたって「政治家の関与」、行ってみれば「口利き」に関する僕の思い出話を綴ってきました。政治家が、お友達や支援者だけに対して特別な扱いを役所に求めること、またそのような疑いをかけられることだけでも、公正な社会を著しく歪めます。さらには、「行政に対する厳しい監視」という、議員に課せられた重大な使命を果たせなくなってしまいます。なぜなら、役所に「借り」ができてしまうから。

 

これまで政治家側の問題を語ってきましたが、役所にだって指摘しなければならないことがたくさんあります。政治家の関与があろうがなかろうが、公権力と税金を使って、自分たちに都合のよい仕組みを作ることができますし、一部の人だけに有利に働くような仕掛けも巧妙に構築することもできてしまいます。

 

おりしも、東京都議会議員選挙が始まりました。

 

山梨に移る前までの25年近く、僕は一般の方々よりも比較的近いところから東京都政を見てきました。僕のフィールドは港区で、区議会の議員ではありましたが、区政と都政は切り離せない関係であり、行政の様々な問題点を探っていくと、都政と深く関係することも少なからずあったわけです。そして、いわゆる役所の組織益のために形づくられる組織や仕組み、その中で民間との癒着を疑わせる事例、お目にかかっていました。例えば…

(以下、ご購読の上、読み進めて頂ければ幸甚に存じます)
(ただ、今回は重要な東京都議会議員選挙期間中ということもあるので、後刻すべて公開しようかとも考えています)

 

「政治家の関与 3」

こさいたろうの視点・論点 0003

2017/06/17

 

※ 今の社会や政治に対して思うことを書き、発信する活動「こさいたろうの視点・論点」を始めています。

※ 現在、数十人の皆様にご購読料(発行協力費)を頂いております関係から、公式サイトには冒頭部分のみ掲載させて頂きます。誠に恐縮に存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※ ご購読下さる方は、こさい宛てご連絡ください。月額500円(一口)をお願いしております。電子メールにて全文お送り致します。

※ 政治の現場を離れて4年、内容的に皆様にご納得頂けるものが書けるか、いささか不安ではありますが、これまでの自らの政治活動を思い返しながら、頑張ります。また、いずれ、ご購読者の皆様に見える形の双方向のやり取りができるようなオンラインサロンのようなものの立ち上げも考えています。

 

 

「政治家の関与3」

 

 

「与野党のかけひき激化」「世論の動向が焦点」「内閣不信任決議案の提出か」…

 

通常国会の会期末であるこの時期、毎年同じような報道で賑わう。しかし、僕が関心を寄せて本稿で取り上げている「政治家の関与」案件は、民主主義社会の最も重要な基盤である「国民と政治の信頼関係」を築く意味で、駆け引き材料とか選挙に有利不利とか、そういうちっぽけなことでなく、本質的に徹底究明を尽くしてほしい。国会が終われば終わり、ではない。

 

一方で、元TBS記者による性的暴行疑惑の事件に関して、自民党を離党した元検事の若狭勝代議士が、「逮捕状の執行をストップすることは、通常は絶対あり得ない」と声を上げている。これも、種々の状況を鑑みると、政治権力の関与、介入が疑われる。裁判所が発付した逮捕状の執行を止めたのは、警視庁の本部刑事部長とされている。警視庁は、東京都公安委員会管理下の東京都警察本部である。今、時は東京都議会議員選挙直前。この事件に少しでも疑念を感じる都議候補者は、この事件の真相究明を公約すべきだ。警視庁という行政機関のチェックは、まさに東京都議会の重要任務の一つなのだから。

 

さて、山里で毎日のようにこんなニュースを聞いていると、僕が政治の世界に足を踏み入れた頃のことを思い出す。

(以下、ご購読の上、読み進めて頂ければ幸甚に存じます)

「政治家の関与 2」

こさいたろうの視点・論点 0002

2017/06/10

 

※ 今の社会や政治に対して思うことを書き、発信する活動「こさいたろうの視点・論点」を始めています。

※ 現在、数十人の皆様にご購読料(発行協力費)を頂いております関係から、公式サイトには冒頭部分のみ掲載させて頂きます。誠に恐縮に存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※ ご購読下さる方は、こさい宛てご連絡ください。月額500円(一口)をお願いしております。電子メールにて全文お送り致します。

※ 政治の現場を離れて4年、内容的に皆様にご納得頂けるものが書けるか、いささか不安ではありますが、これまでの自らの政治活動を思い返しながら、頑張ります。また、いずれ、ご購読者の皆様に見える形の双方向のやり取りができるようなオンラインサロンのようなものの立ち上げも考えています。

 

 

「政治家の関与2」

 

 

今国会で明らかにされている「政治家の関与」にまつわるさまざまな疑惑。これらの報道に接しながら、自ら経験してきたことをいろいろと思い出している。

 

前号をお届けした後、こんなご意見を頂いた。「昔から権力者に利権の濫用はつきもの」であり、世界中で頻発するテロを憂う文章に続き、「与党も野党もそんなことをやっている場合じゃない」とあった。

 

お気持ち分からない訳ではないのだが、この方が思うような「大切なこと」を議論し、決定するのが政治の役割だ。その土台には、国民と政治家との間に信頼関係がなければならない。その意味で、今表面化している森友問題や加計問題の真相究明は、避けてはならない重要なこと、と僕は思う。

 

さて、今から8年ほど前になるだろうか。僕が港区議会議員として活動しているとき、区立認可保育園の入所選考にかみついたことがあった。当時は、認可保育園への入園は「プレミアチケット」と呼ばれるくらい、預けられるどうか、希望者にとっては切実な状況だった。今もあまり変わらない様子だが…

(以下、続きます:ご購読の上、読み進めて頂ければ幸甚に存じます)

 

「政治家の関与」

こさいたろうの視点・論点 0001

2017/06/04

 

「政治家の関与」

 

僕が最近、山里から注目している政治の話題。

 

森友学園問題、加計学園問題、それに元TBS記者による性的暴行事件も加わった。これらはいずれも、政治家の関与、政権中枢の関与、いやはっきり言うと安倍首相の関与が疑われている。

 

僕は自らの経験から、疑ってかかるべき案件だと思っている。

 

首相夫人は、森友学園の名誉校長まで引き受けていた。加計学園の理事長は、安倍首相の腹心の友。首相夫人は、加計学園の運営する子ども園の名誉園長もしていたそうだ。元TBS記者は、その著者や言動からかなりの首相の信奉者と思われる。何か手心が加えられたのではないかと国民が感じてしまうのは当然だ。

 

疑いをかけられた政治家は、それが誤りというのであれば、理解を得られるまで丁寧に説明を続けなければならない。それは、政治家の責務である。もしも誤りであったとしても、疑われた状況を招いてしまったのは自らに端を発するもので、自らの責任と受け止めねばならない。

 

たとえ、安倍首相自身が何らかの働きかけをしていなかったとしても、首相夫人との浅からぬ関係にある学校法人の案件、首相が腹心の友と言って憚らない人物が理事長を務める学校法人の案件であれば、役所にとっては「特別の案件」になってしまうのは間違いない。

 

実は、これらは単なるスキャンダルの類ではなく、自由と民主主義の社会の根幹にかかわる重大な問題だと、僕は思っている。政治家と懇意であれば、優遇される、オイシイ思いができる、悪事も揉み消せる、さらには、一国の首相とお友達ならば、そのスケールは想像を絶するものになる。これではどこかの独裁的社会主義国家と変わらない。

 

果たして、大多数の国民は心の底で、どのように思っているのであろうか。「何かの裏があるだろう」、そう思っているのではないだろうか。ただ、おかしさを感じてもどうすることもできないので、「またか」とあきらめているだけではないだろうか。

 

数年前まで政治の現場にいた僕は、「あきらめては政治は変わらない」と訴えていた。でも今、「何かおかしいけど、仕方がないか」、自ら生きていくことに精一杯で、あきらめかけている僕がいる。多くの人は、今の僕と同じような心境だったのではないかと、今さらながら実感しながら生きている。

 

だから、安倍さん。「ご指摘はあたらない」「「働きかけているというのなら、証拠を出してください」というのであれば、自らが、僕らを納得させられるような事実関係の開示と説明を尽くしてほしい。大切なので、繰り返し言いたい。自らの疑惑を晴らすには、政治家の責務である。「権力者のそばにいればオイシイ思いができる」、その疑惑を晴らしてほしい。このままでは、子どもたちに示しがつかない。心から願っている。

 

ただ…

 

ちょっとやそっとのことでは、納得に至るものでないことは言うまでもない。

 

今回の事件ほど大規模なものではもちろんないが、「政治家の行政への関与」に僕は、たくさんお目にかかっている。自分自身、一線を越えそうになった誘惑もなかった訳ではないし、役所に問い合わせる、或いは紹介するというだけの行為にも相当の気を使っていたことを思い出す。問い合わせるだけで、ある種の「忖度」をしてくれてしまったのではないか、というようなこともあったような気がする。これから数回にわたり、そんな経験を思い出しながら、「政治家の関与」について綴ってみたいと思う。

 

お友達が関わっている案件だからこそ、「誰が見ても公正だと判断できるような手続きをすること」「行政手続きの過程を包み隠さず全て公開すること」、そのような指示を厳しく役人にできる政治家が、いつの時代にも求められている。

 

農夫・こさいたろう

 

《 ご挨拶 》

 

こんにちは。小斉太郎です。

 

先にもお伝え致しました通り、山梨でも最西北部の北杜市白州町の鳥原という山里に居を移し、はや二か月が経ちました。畑には、土壌改良を目的として主に大豆を播き、夏に枝豆を収穫してビールを呑むことを楽しみにしているような毎日です。新しい野菜・たまごの販売も、5月下旬から開始し、お客様を増やす努力を続ける必要はあるものの、大過なく順調に滑り出しました。野菜やたまごの集荷、子どもの送り迎えと、一日100km以上運転しておりまるで車の運転が本業のようですが、何とか元気に暮らしております。

 

さて、これも先にお伝えしたかと思いますが、転居、新事業の開始を契機として、今の社会や政治に対して思うことを書き、発信する活動を始めてみようと思い立ち、この度スタートすることに致しました。「こさいたろうの視点・論点」と銘打ち、これから、以下のように発信していくつもりです。

 

  1. ご購読(発行協力費)を頂く皆様にあてて、毎週一回、メールにて「こさいたろうの視点・論点」をお届けする
  2. FAX・郵送をご希望の皆様には、毎月一回、まとめてお送りする。
  3. 初回と、当面毎月一回は、ご案内も兼ねて、ご購読頂く以外の方々にも配信する。

 

政治の現場を離れて4年、内容的に皆様にご納得頂けるものが書けるか、いささか不安ではありますが、これまでの自らの政治活動を思い返しながら、頑張ってみようと思います。また、いずれは、ご購読者の皆様に見える形の双方向のやり取りができるようなプラットフォームも作れればと思っています。今、オンラインサロンといった呼び名で流行っているようなものを考えています。

 

つきましては、「こさいたろうの視点・論点」発行にあたりまして、ご購読・発行ご協力という形で、皆様のご支援・ご協力を賜れば大変有り難く存じます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

  • 銀行・ゆうちょ振込(一年一括お支払)年額6,000円

以下の口座へお振込をお願い致します。お振込みいただきましたらば、お手数ですが私あてにご一報下さい。

 

・ みずほ銀行青山支店 普通預金 2391143 小斉太郎(コサイタロウ)

・ 郵便貯金 振替口座 00170-7-278836 小斉太郎事務所(他行からの場合:ゆうちょ銀行〇一九支店 当座預金 0278836 コサイタロウジムショ)

 

  • クレジットカードご利用をご希望の方は、お手数ですが、私あてご連絡ください。

 

 

皆様からのご批評や、こんなことについて述べよ、といったお声をドシドシお寄せ頂き、ブラッシュアップしていければと考えております。

 

末筆ながら、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

 

小斉 太郎