五里霧中な日々 ① 一斉休校と我が家

 

こさいたろうの視点・論点 0133

2020/03/15

 

五里霧中な日々 ① 一斉休校と我が家

 

コロナウイルスが、日常を大きく変えてしまいました。ある日を境に激変したわけではありませんが、ちっぽけな我が家の暮らしも、ネットやラジオ、テレビから伝えられる世の中全般も、なんだか大きな船が舵を切るようにゆっくりと、行く先を変えているような、そんな気がします。漠然とした不安が襲ってきます。世界を見渡してみても、我が家の財布の先行きを考えても、最も大きな懸念は「経済への影響」です。経済にどのような影響が及んでしまうのかは、もう少しじっくりと世の中を見て、今後、意見を発したいと思っています。私のような者が論ずるには、今は、ちょっと難しいです。なので、今回は、日常で感じた雑感を記録してみたいと思います。

 

まずは、やはり、一斉休校。3月2日(月)から今日で丸々二週間。息子の通う学校では、一時、3月16日からの一週間再開も検討されていましたが、全国的な感染者数の増加が止まらないことなどから、結局は再開断念ということになりました。3月2日の時点ではもう少しやってみてもよいと思っていましたが、このような現状ではやむを得ないことです。ただ、それにしても、心の準備なく、一か月以上にわたり中一息子が自宅で過ごすことに。

 

世の中では、就学前の子どもたちはどうなるとか、小学校低学年では自宅で留守番できないとか、異論や懸念沸騰。学校休みを要請後、安倍政権は慌てるように保育園、幼稚園は対象外だと。学童クラブは開けますと。学校施設も活用してよいと。世のお母さん、お父さんに反発を買わないような配慮を。何のための一斉休校か、わからなくなる有様。でもね、中学生だってかなり難しいんですよ。自宅に居続けるってことは。

 

中学生にもなれば、ある程度自由にどこにでも行けますが、好きに出歩くこと自体がはばかられるのが今。不要不急の外出は控えて、の声が頭を巡り、結局はどこにも行きにくいわけで。健全な中学生がどこにも行きづらい、友達にも会えない、家に籠るしかなくなってしまい、つまらないから朝寝坊が始まり、運動不足もあり、夜更かしがちになり、親としては「ほんとにこのままでいいの」と頭を悩ませてしまう毎日。

 

私は、家とその周辺が仕事場なので、いつも息子の姿を目にせざるを得ないわけで、だらだら過ごす息子に「なんか自分で考えてやれよ~」と怒鳴ってしまうありさま。息子としても、学校さえあれば楽しい毎日なので、踏んだり蹴ったりかと。親が勤めなどで日中いないような家庭はどうなのだろうか。子どもが自由に過ごす、ということになるのか。それと比較すると自由にでいいか、とも思うものの、見てしまうとですね~、そうもいかず。

 

父子でいろいろ考えた末、できる範囲で規則正しく生活してみることに。午前中を自由時間にして、寝てるもよし、テレビをボケーっと見るもよし。午後、学校の授業に合わせて50分単位で、自主的に運動・学習。夕方から夜も自由だが、なるべくテレビやスマホ・パソコンの画面から離れて、10時には寝る。かなり強く促したところはありますが、本人もやってみようということになり。まだ1日目ですが。

 

二週間の休校を経て、さらに4月の二週目まで約一か月学校に行かないということが決定し、さすがに息子も毎日寝坊じゃまずいと思ったようです。息子の通う学校はいわゆる自由な学校で、宿題がないということも特徴の一つ。数少ない近所のお知り合いの子どもや親に聞くと、公立小中では宿題どっさりなんですって。でも、こんな時は宿題がある方がいいなぁ、といつもとは違うことを思ってしまいます。人間って我儘なり。

 

イライラすることも多い日々ですが、まだまだ幼い感じに戻るときもあり、そんなときは「もうこれが最後かなぁ」と思いつつ、スキンシップを楽しむようにしています。神様がそんな時間を与えてくれたのだ、と思うようにしています。

 

ただ、本当に学校の一斉休校が必要だったかはとても疑問があり、事後でいいからしっかりと検証してほしいと思います。何せ、保育園も児童館も開けて、学童クラブもやり、学校施設で子どもが集まっていた地域もあるわけですから。本当に必要なら、もっと覚悟を持ってやるべきではなかったのか、と私は思います。子どもは学校に行かず家に籠れ、という政策決定は最終最後に、だとつくづく思います。子どもにとっても、親にとっても、想像以上の苦行ですから。

 

そんな中、西日本新聞の記事が目に留まった。悲しい現実が書いてありました。つづく。

 

 

農夫 こさいたろう(小斉太郎;元 港区議会議員)

 

     

 

 

 

 

 

今の社会や政治に対して思うことを書き、発信する活動「こさいたろうの視点・論点」を始めています。

現在、数十人の皆様にご購読料(発行協力費)を頂いております関係から、公式サイトには原則冒頭部分のみ掲載させて頂きます。誠に恐縮に存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。ただし、時勢や内容等によっては全文公開する場合がありますこと、ご購読者の皆様にはご了解賜りたく存じます。

ご購読下さる方は、こさい宛てご連絡ください。月額500円(一口)をお願いしております。電子メールにて全文お送り致します。

政治の現場を離れて4年、内容的に皆様にご納得頂けるものが書けるか、いささか不安ではありますが、これまでの自らの政治活動を思い返しながら、頑張ります。また、いずれ、ご購読者の皆様に見える形の双方向のやり取りができるようなオンラインサロンのようなものの立ち上げも考えています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください