農夫こさいたろう便り 18/10/09-

北巨摩〈きたこま〉のあの時

〈実験農場〉 Kosai Farm

雨にも負けず、風にも負けず、米・亀の尾はすくすくと成長し、10月8日、今年も無事に稲刈りまでたどり着きました。今年は、稲刈りまでの天候もよく、適度に乾いた田んぼで快適に稲刈りを進めることができました。

三連休の最終日だったため、息子と二人仕事を覚悟しておりましたが、旧友の石渡さんが仲間を誘って手伝いに来てくれました。本当に助かりました。皆さん、ありがとうございました。また、今年の米づくりは、多くの応援団の皆様に支えられています。さらに、お天道様にも心より感謝をしながら、稲刈り作業を致しました。

これから天日で二週間ほど干し上げます。天日でじっくり乾燥させることで、お日様のエネルギーが加わり、よりうまみが増すと、私としては思っています。お米の水分量が適度になりましたら、稲わらからお米を取り外す「脱穀」、もみを取り外す「もみすり」をして、いわゆる「玄米」となります。時間をかけまして、食べるお米に仕上げていきます。

稲刈り後、なかなか乾かず、脱穀作業ができませんでしたが、今日いよいよ脱穀作業を致します。〈10/26記〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください