2019 新米 できました

 
今年も無農薬 無肥料栽培米をお届けします
 
土・水・太陽… 自然の力、自然の恵みのみを受けて育ったお米をぜひ食卓に
 
 
今年も、山梨県北杜市の大泉という地でお米を作りました。
 
長年当地で無農薬・無肥料の農業を続けている八巻さんに田んぼをお借りしました。ミネラル豊かな八ヶ岳南麓の湧水をたっぷり吸って、無農薬・無化学肥料はもちろんのこと、動物性有機肥料・堆肥も使わない無肥料での栽培米です。農地に養分供給を目的とするものを持ち込まず、本来土が持っている力を生かして太陽・水・土の力だけで育ちました。、育苗から田植え、草取り、収穫、天日干しから脱穀まで、こさいが皆さんの力もお借りして行い、無事に実りを迎えました。
 
ご注文頂きましたらば、順次、精米したての新米を発送させて頂きます。 また、玄米でのご提供も可能です。お好みにてお選び下さい。
 
自然栽培米は手間がかかり、希少につき、今年も高価格ではありますが、何卒ご理解賜れば幸いです。 これを機会にぜひお試しください。ご注文を心よりお待ちしています。
 
ご提供方法
 
☀ まず、白米か玄米かをお選び下さい。
 
☀ 次に、ご希望の量をお伝え下さい。二キロ:1,800円 五キロ:4,500円 十キロ:9,000円(10kgまで送料梱包料900円、以降10kg増えるごとに700円を別途頂戴致します)
 
☀ ご注文頂きましたら、下記あてにお振り込みをお願い致します。
 
みずほ銀行青山支店 普通預金 2391143 小斉太郎(コサイタロウ)
郵便貯金 振替口座 00170-7-278836 小斉太郎事務所(他行からの場合:ゆうちょ銀行〇一九支店 当座預金 0278836 コサイタロウジムショ)
 
☀ 私が栽培致しましたお米「亀の尾」は数に限りがあります。ご予約順にご注文をお受けし、不足する場合は、同じ地域で同じ農法で八巻さんが栽培されました「亀の尾」または「ささしぐれ(亀の尾の子どもの品種)」をお送り致します。予めご諒承下さい。
 
【 栽培品種 】
 
亀の尾:山形・庄内地方が冷害に見舞われた明治26年、阿部亀治さんが生き残った株から4年間育成したお米です。現在のお米のルーツにあたります。低タンパクで冷めても美味しく、酒米・飯米として利用されています。今回は、亀の尾の子どもにあたるささしぐれをお送りすることもあります。
 
ご注文は、農夫 こさいたろう(小斉太郎)までお願いします。以下のフォームをご利用ください。https://www.kosaioffice.com/contact-me/
 
 
農夫こさいたろうのお米づくりは、NPO法人 東京ヘラルドの後援事業となっています