農夫こさいたろう便り 18/10/02-

北巨摩〈きたこま〉のあの時

週末は強烈な台風がやってきました。

私は、作っているお米と大豆が倒れてしまわないかが一番の心配でしたが、事なきを得ました。一方、築50年近い我が家は、深夜に猛烈な風を受け、「ミシッ、ミシッ」という音で目覚めてしまいました。あと20年くらいはもってほしいのですが(笑)

生産者の竹内さんは、トマトの雨よけビニールハウスに被害が出てしまいました。グニャリと曲がったパイプが尋常でない風の強さを物語っていました。自然の猛威にはなかなか太刀打ちできません。太刀打ちするのでなく、共に生き、やり過ごす、といった感じが理想ですが、そううまく事は運びません。難しいものです。

※ 南アルプス・八ヶ岳山麓のエリアは町村合併を経て今は北杜市〈ほくとし〉の地域になりますが、昔は北巨摩と呼ばれていました。

 

〈実験農場〉 Kosai Farm

〈 農夫の備忘録 〉

大豆につきまして。

今年も、枝豆としてお送りできるくらいに実が太りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください